HOME » 歯周病の歯医者選びで押さえておきたいポイント

歯周病の歯医者選びで押さえておきたいポイント

歯周病の治療・相談で歯医者にかかる際、押さえておきたいポイントをリストアップしました。

歯周病治療における歯科医院の選び方

日本人の成人の8割が罹患していると言われている歯周病。基本的には、どの歯科医院でも歯周病の治療は行っていますが、その内容が同じとは限りません。どうやって選んでいいのか分からない、という人のために、歯周病治療を受ける上で注目しておきたいポイントをまとめました。

  • 重度の歯周病でも治療できる、骨再生治療を行っている
  • 歯周病認定歯科衛生士が在籍している
  • 治療前に十分な説明を行っている、内容が分かりやすい
  • 予防や定期メンテナンスに力を入れている
  • クリニック内の清潔が保たれている
  • 駅から近い・診療時間が長いなど、通院しやすい環境

この中でもとくに重視したいのは、「骨再生治療を行っている」ことと「歯周病認定歯科衛生士が在籍している」ことです。

骨再生治療を行っている

骨再生治療とは、破壊された歯周組織とまわりの汚れを除去し、特殊な薬剤や材料を用いて新たに骨を作り出す治療法。これによって歯槽骨と呼ばれる歯を支える骨の部分が再生されれば、他の歯医者で抜歯を勧められた歯であっても保存できる可能性が高まるのです。
ちなみに骨再生治療にはEMD法(エムドゲイン療法)・GTR法(歯周組織誘導法)・GEM21S法・骨移植術などがありますが、治療法の選択肢が多いほど適応ケースも広がります。再生治療を行う医師の実績と共に、種類についてもチェックしておくと良い歯医者さんを見つけやすくなります。

歯周病認定歯科衛生士が在籍している

また、歯周病治療の基本となるのは、ブラッシング指導によるプラークコントロールと歯石の除去。これを担当する歯科衛生士も重要です。
歯科衛生士の中には、特別な資格を持った「歯周病認定歯科衛生士」がいます。「歯周病認定衛生士」は歯周病に関する専門的なトレーニングを積んでおり、的確な診断・治療を行える、まさにスペシャリスト。基本となる治療を受け持つのが認定衛生士かどうかで、治療の効果には大きな違いが現れるのです。
歯周病の治療には、ある程度の時間が必要となります。そのためクリニックまでの通いやすさも重要な要素ではありますが、根本からの治癒を目指すなら、「技術」にも注目するべきでしょう。