HOME » 歯周病の歯医者選びで押さえておきたいポイント » 骨再生治療ができる歯科医院は少ない…?

骨再生治療ができる歯科医院は少ない…?

重度の歯周病治療に用いられる、骨再生治療(歯周組織再生治療)について詳しくまとめました。

歯周病治療に骨再生治療が必要な理由

歯周病とは、細菌による感染で歯周組織が炎症を起こしている状態。症状には軽度~重度までありますが、軽度の場合は歯ぐきの腫れ・ブラッシング時の出血などが主な症状。重度になると歯ぐきから膿が出て口臭がひどくなり、さらに歯を支える骨(歯槽骨)が溶けて歯がグラグラするようになり、最終的は抜歯となってしまいます。

しかし、重度の歯周病だからといって諦めることはありません。歯周組織の破壊が局所にとどまっている状態であれば、「骨再生治療(歯周組織再生療法)」という方法を選択できることがあります。
骨再生治療は、破壊された歯周組織とまわりの汚れを除去し、特殊な薬剤や材料を用いて新たに骨を作り出す治療法。これによって歯槽骨が再生されれば、歯を保存できる可能性が高まるのです。ただし、骨再生治療を行うには「歯周病の正しい知識の会得・正しいプラークコントロールの実践・定期的なメンテナンスの継続」が条件となります。

ちなみに、骨再生治療を行うには高度な専門性が求められるため、どの歯科医院でも受けられる治療法ではありません。技術力や実績はもちろん、治療に必要な検査・ブラッシング指導・スケーリング・定期メンテナンスなどを、きちんと行っている歯科医院を選ぶことが重要です。

歯周病における再生治療の概要

歯周病の骨再生治療として一般的な、2つの治療法について解説します。

EMD法(エムドゲイン療法)

エムドゲインとは、世界約40ヵ国で使用されている安全性の高い歯周組織再生誘導材料。日本では、2002年に厚労省の認可を得ています。
エムドゲインの主成分は「エナメルマトリックスデリバティブ」というタンパク質の一種で、乳歯が生えてくる際に重要な働きをするもの。それを歯周病の患部に注入し、歯槽骨をはじめとする歯周組織の再生を促します。

術式の手順

  1. 麻酔の実施(局所麻酔・静脈麻酔など)
  2. 歯周病に罹患した歯肉を切開・剥離、歯根表面のクリーニングを実施
  3. エムドゲインを注入
  4. 切開した歯肉を縫合
  5. 抜糸は約2週間後、歯周組織は術後1~2ヵ月ほどで再生されていきます

GTR法(歯周組織誘導法)

GTR法とは、歯周病によって溶けた歯周組織(歯槽骨・歯根膜など)の再生を促す治療法の一種。歯周組織の破壊範囲が、比較的広い症状に適用されます。
GTR法の特徴は、骨が溶けて空洞になったスペースにメンブレンと呼ばれる人工膜を挿入し、歯肉上皮の増殖を抑制すること。歯肉上皮が空洞に入り込むと骨再生が阻害されてしまいますが、メンブレンを入れることにより、再生スペースを確保できます。

術式の手順

  1. 麻酔
  2. 歯肉を切開し、歯肉縁下のプラーク・歯石を除去
  3. メンブレンを挿入し、歯肉を縫合
  4. 4~6週間後にメンブレンを除去

メンブレンを除去するために2回の手術が必要ですが、吸収性のメンブレンを使用すれば数ヵ月ほどで体に吸収されるため、1回の手術で済みます。

骨再生治療を行っている立川の歯科医院

立川で骨再生治療を行っている医院を紹介しています。骨再生治療を行っているだけでなく、歯周病治療で欠かせない「歯周病認定衛生士」の在籍についても調べてみたので、参考にしてみてくださいね。