HOME » 歯医者さんに学んだ歯周病の症状と予防法

歯医者さんに学んだ歯周病の症状と予防法

早期発見にお役立ち・歯周病チェック

ここでは、今すぐできる歯周病のチェック項目をご用意しました。歯周病は、知らず識らずのうちに進行していく怖い病気です。早期発見・早期治療が重要となってくるため、日頃から口の中をチェックする習慣を大切にしましょう。

1つ以上該当項目がある方は、「歯茎から血が出る」へ

3つ以上該当項目がある方は、「歯がぐらぐらする」へ

各ページで予防法を記載していますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

最終的には歯が抜ける?歯周病の進行段階

歯周病は、細菌による炎症が歯周組織(歯槽骨・歯根膜など)にまで達している状態。成人(30歳以上)の約8割の方が歯周病にかかっていると言われており、「全世界で最も患者が多い病気は歯周病である。」とギネスブックにも載っているほどです。
痛みなどの自覚症状が乏しく症状の進行に気づきにくいのが特徴ではありますが、放置していると取り返しのつかないことになります。これから歯周病の進行段階を紹介していくので、自分の口腔内と比べてみましょう。

  1. 歯肉炎
    口腔内の歯垢(プラーク)・細菌によって歯茎に炎症が発生。赤く腫れたり、ブラッシング時に出血が見られることもあります。
  2. 軽度歯周炎
    炎症が進んで腫れがひどくなり、歯周ポケットが深くなります(3mm以下)。歯を支える骨も溶け始めますが、この段階ではまだ痛みがなく、症状に気づかない方が大半です。
  3. 中度歯周炎
    炎症がさらに進み、歯周ポケットの深さもより深くなります(4~6mm)。歯を支える骨が半分くらい溶け、歯がグラグラして食べ物を噛むと痛みが生じるようになります。膿が出て口臭がキツくなることも。
  4. 重度歯周炎
    歯周ポケットの深さが6mm以上になり、歯を支える骨が大きく溶かされた状態。歯が激しくグラグラし、そのまま放置すると歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病の種類

歯周病とひと口に言っても、その症状にはさまざまなものがあります。

  • 歯肉炎
    歯茎だけが炎症して、その周りの組織(歯周組織)には異常がない状態。歯茎の腫れや変色、ブラッシング時の出血が見られることもあります。
  • 歯周炎
    歯茎の周りまで炎症が広がり、歯を支える骨の一部が溶け出している状態。放っておくと症状が進行し、膿が出たり歯がグラグラしたりして、歯が抜けてしまうこともあります。
  • 若年性歯周炎
    10~20代前半の若い方に見られる歯周炎。口腔内は健康な状態なのに、歯周組織(歯槽骨・歯根膜など)が破壊されています。
  • 急速進行性歯周炎
    20代前半~30代なかばに見られる歯周炎で、短期間に歯周組織が破壊される症状。歯槽骨が垂直に吸収されるという特徴が見られます。
  • 特殊性歯周炎
    特殊な全身的因子(ダウン症候群やパピヨン・ルフェーブル症候群など)が原因で歯周組織を破壊されてしまいます。

なかでも歯肉炎は特に多く見られる症状で、気づかないうちにかかっている場合があるので注意しましょう。歯肉炎から歯周炎へと移行していきますが、この過程で痛みを感じることはほとんどありません。日頃から口の中の状態をチェックし、比較的軽度な歯肉炎のうちに治癒できるよう予防することが大切です。