歯茎から血が出る

歯茎から血が出る・腫れるといった症状がみられる、歯肉炎についての情報をまとめました。

歯肉炎とは

歯肉炎とは、歯茎の部分に炎症が起きている状態。歯周病の中でも初期段階で、以下のような症状がみられます。

  • 歯茎が腫れる
  • 歯茎の色が、濃い赤紫色に変色している
  • 歯茎がむずがゆい
  • ブラッシング時に歯茎から血が出る

歯肉炎の原因となるのは、口腔内にある細菌と歯垢(プラーク)です。細菌のかたまりである歯垢をブラッシングで取り除けないと、口腔内の細菌バランスが崩壊します。細菌の数がどんどん増え続け、歯茎が炎症を起こしてしまうのです。しかし、歯肉炎の段階では痛みがなく、初期段階で歯肉炎に気づく人は少ないはず。そのまま放置してしまい、歯周病を悪化させているケースが多くみられます。

初期治療の方法

歯肉炎は歯周病の中でも初期段階の症状ですが、歯周炎とはどう違うのでしょうか。歯科医師は、以下のポイントをチェックして症状を判断しています。

  • 歯肉炎:歯茎のみに炎症があり、その周りの組織(歯周組織)に異常がない
  • 歯周炎:炎症が歯茎の周りの組織にまで広がっており、歯を支える骨(歯槽骨)の一部が失われている

つまり、骨吸収の有無が歯肉炎と歯周炎の大きな違いとなります。歯肉炎だけであれば症状は比較的軽度なので、患者自身で行うホームケアでも健康な状態に戻すことが可能です。正しいブラッシングはもちろん、デンタルフロス・洗口液などを併用すると効果が高まります。また、歯科医院での定期的なクリーニングも大事。自分では取りきれない汚れを専用の器具で除去してもらえますし、歯茎の状態に合わせたケア方法も教えてもらえます。歯肉炎を歯周炎に進展させないためにも、歯科医院でのクリーニングを上手に活用しましょう。

歯肉炎の予防方法とは

歯周炎を予防するために心がけたいポイントをまとめました。

口腔内の環境を整える

歯垢を除去して口腔内の環境を清潔に整えることは、歯肉炎予防の基本です。そのために大切なのがブラッシング。正しい方法で、しっかりと汚れを落としましょう。汚れが残りやすい歯と歯茎の境目は、ヘッドの小さいブラシを使って磨くと効果的に汚れを落とせます。また、ブラシが届かない歯と歯の間には、デンタルフロスがおすすめ。ブラッシングのみだと約60%の歯垢除去率が、フロスを使うと約80%にまで上がります。

定期検診によるメンテナンス

ホームケアで取りきれない汚れは、徐々に蓄積して歯肉炎の原因となってしまいます。そんな汚れを落とすには、歯科医院でのクリーニングが効果的です。歯垢が歯石に変わるのが3ヵ月くらいと言われているため、ひとつの目安とすると良いでしょう。

鼻呼吸を心がける

口腔内の粘膜は唾液によって守られていますが、口呼吸をしていると口の中が乾燥しがち。歯茎が乾燥すると唾液の保護機能が働かなくなり、歯肉炎が起こりやすくなります。口呼吸がクセになっている人は、鼻呼吸を意識しましょう。