歯がぐらぐらする

歯がぐらぐらする・歯と歯の間に隙間ができるなど、歯周炎に見られる症状をまとめました。

歯周炎とは

歯周炎とは、細菌による炎症が歯周組織(歯槽骨・歯根膜など)にまで達している状態。重症になると歯周組織が破壊され、歯を支える骨が溶けてしまいます。歯周炎の主な症状は以下の通り、当てはまる症状が多いほど危険度も高くなります。

  • 歯茎が赤く腫れている
  • ブラッシング時に出血しやすい
  • 歯と歯の間に隙間ができてきた、食べ物が挟まりやすい
  • 口臭が気になる、人に指摘される
  • 食べ物を噛むと痛みや違和感がある
  • 歯が長くなったような気がする
  • 歯がぐらぐらしている

歯のぐらぐらが大きくなると骨が歯を支えきれなくなり、最終的には歯が抜けてしまいます。初期段階であれば治療し改善できるため、「おかしいな」と思うことがあれば早めに歯科医院で診てもらいましょう。また、万が一重症化した状態であっても、骨再生治療(歯周組織再生治療)で骨を再生できることがあるため、諦めずに相談してみてください。

初期治療の方法

歯周炎の初期治療としては、以下の方法が挙げられます。これらは、歯周病治療の基本となります。

ブラッシング指導によるプラークコントロール

歯周炎の重症度に関わらず、必ず行われる基本治療がプラークコントロール。正しいブラッシングにより、歯の表面や歯間に付着した歯垢(プラーク)・食べ物のカスが落とせる方法です。患者自身のホームケアで、口腔内を清潔な状態にできます。

歯肉辺縁のスケーリング

スケーリングとは、特殊な器具(スケーラー等)を用いて歯石を除去すること。歯肉辺縁(歯と歯ぐきの間)の歯石を取り除けるので清掃可能な部分が広がり、より衛生的な状態を保てるようになります。

ルートプレーニング

歯周ポケットが深くなり、奥深くに歯石が付着している場合、それを取り除くルートプレーニングを行います。専用の器具を用いて、歯周病の原因となるポケット内の歯垢・歯石・バイオフィルムを除去。表面をなめらかにして、汚れが付きにくくなります。

歯周炎の予防方法とは

歯周炎を予防するにはプラークコントロールが大切ですが、他にも留意すべき予防方法があります。

食生活の見直し

栄養バランスの乱れた食生活を送っていると、体の抵抗力が低下して歯周病にかかりやすくなります。歯周病予防だけではありませんが、栄養バランスの取れた食事を心がけることは健康の基本です。歯周病予防の観点からとくに気をつけたいのは、糖分の摂りすぎ。歯周病の原因菌は糖をエサに増えるため、できるだけ甘いものは控えましょう。

咀嚼回数を増やす

咀嚼とは、食べ物を噛むこと。この回数が増えれば増えるほど唾液が分泌され、口腔内に細菌が停滞しにくくなります。租借回数を増やす食べ物は、根菜・海藻・キノコ類・こんにゃくなど。1口につき20~30回ほど噛むのが理想的です。ノンシュガーのガムを、食後に利用するのも効果的。

禁煙

喫煙している人は、非喫煙者に比べて歯周病になるリスクが2~7倍と言われています。また、タバコを吸っていると歯周病の治療効果もダウンしてしまい、改善効果は非喫煙者の50~75%にまで低下。歯周病を予防・完治させるためには、タバコは吸わないようにしましょう。